未分類

複業と副業の違いとは?複業の事例や職業一覧の紹介

複業と副業の違いは?

では、副業と複業の違いは何か?ということですが、

会社員として会社勤めをしている場合は、

本業=会社の仕事、副業=会社以外のサブの仕事

という風に分けられがちだとは思いますけども、基本的には『当事者の心の持ちよう』なのかなとも個人的には思っています。

ただ、基本的に会社員の場合は会社と雇用契約をする時のルールがあると思いますし、そこに

  • 副業してよいかどうか?
  • (最近だと)複業してよいかどうか?

という事も織り込まれていると思うので、そのルールに沿う必要があるかと思います。

 

ちなみに、すずっちの場合は、新卒で務めた会社は副業NGでした。

続いて、マネージャとして務めた次のITベンチャー企業は、そもそも管理職だったので、固定給+インセンティブでしたが、副業や複業は問わないというルールでした。

昨今は国の政策もあり、副業や複業について寛容になってきていると思いますが、慢性的に人材不足の会社や中小企業などは、禁止しているところもあるのじゃないかと思います。

複業や副業の事例や職業一覧

複業や副業の職業一覧

まず、複業や副業の職業一覧を見ていきましょう。

 

「複業の種類がどれだけあるのか?」って質問は、ほぼ

本業に出来る仕事のはどれだけあるのか?

という事とイコールだと思いますが、wikipediaの職業一覧(外部サイト)で確認できる数だけ、仕事の数はあります。

wikipedia見るとわかりますが、数え切れないだけの職業が存在します。多すぎてグルーピングも出来なかった、笑。

副業の事例

まず副業の事例というと、

本業が会社員で、サブで仕事をするパターン

なら、何でもOkです。

さすがに、2つの会社に勤めることは難しい場合が多いと思いますが、

  • 仕事終わりにアルバイトすること
  • インターネットを活用してお金稼ぎすること

はじめ、いろいろな事例があると思います。最近だと、youtuberを副業でされてる方も増えていると思いますし、vtuberとして活動されている方も結構多そう。

 

ちなみ、すずっちは会社員時代、本業の会社員として行っていたITシステム開発とは別に、ブログ運営をしてGoogleアドセンス収入や、広告運用をしてASPからのアフィリエイト収入で副業をしていました。

実は、他にも物販なども挑戦しましたが、肌があわなかったので続かなかった、笑。本業が忙しいとどうしても、気が進まないものや時間かかることは続かないですよね。

副業の事例

続いて、複業の事例ですが、こちらは書き出すと無限になると思います。

すずっちの場合でいうと、

  • 企業向けのソフトウェアやアプリ開発
  • 企業や個人向けのツール開発
  • Webサイトの運用
  • Webサイトの広告運用

が複業になります。ただ、私はやりたいと思った数事業に注力するタイプなので全部を同時に行うことはなく、直近でいうとアプリ開発やツール開発を抑え気味にしていて、Webサイトの運用で稼いでくれるコンテンツを育てている状態。

また、Webサイトの運用って言っても、いろいろなジャンルや運営方法があって、一人でコツコツ育てる方法もあるし、パートナの方に手伝って貰って一緒にメディアづくりを育てていくという方法もあります。

 

私の知人の例でいうと、

  • 元々は、飲食店の集客コンサルタント
  • 飲食店の物販販売での支援も行う
  • クラウドファウンディングの資金集めの支援も
  • 他業種の経営的なコンサルタントも
  • 総合的な何でも屋コンサルタントも

という風に、元々の1つ得意だった領域から1つづつ出来る事を増やして、複業の軸を増やされている方もいらっしゃいます。1つ軸があると、他にも展開しやすいし、複数の軸があると色々な強みが生まれるのかなと思います。

まとめ

副業と複業のコトバの定義や、副業と複業の違いについて、あるいはそれぞれの簡単な事例紹介を行いました。

すずっちは、元々、会社員として副業をしていましたが、独立してフリーランスになった後は、複業として複数の仕事を行っているし、こういう働き方が出来る今の環境っていいなと思います。

ホントに世の中には色々な『複業や副業のカタチ』というものがあって、それを実現されている方がいらっしゃるので、このブログではそういった活躍されている方から得た情報なども記事にしたり、対談コンテンツにしたりしていこうと思います。

1 2