Zaifのスマホアプリの使い方や注文方法まとめ!アカウント登録から入金手順も

こんにちは、ブログ管理人のsuzzuです。

 

この投稿では、仮想通貨の販売所や取引所であるZaifのスマホアプリの使い方や注文方法を画像解説をつけて、まとめました。

また、Zaifのスマホアプリでのアカウント登録から入金手順も説明しています。

 

補足説明
この投稿は以下の内容を理解している前提で書かれていますので、
まだ読まれていない場合は、以下の記事もご確認ください。

Zaifの販売所や取引所の手数料は?アルトコインの取り扱い通貨や手数料についても

 

Zaifのスマホアプリの使い方や注文方法を画像で解説

 

Zaif仮想通貨を売買するには、大きく

  1. アカウントを作成して、
  2. 入金して
  3. 仮想通貨を購入

とざっくり3ステップ必要ですが、

ここでは1と2のステップを画像で解説していきます。

 

Zaifの使い方や注文画面の補足
このページを読んで、今すぐやってみようと思われた方は、
画面最下部のアカウント登録リンクから登録をどうぞ。
画面を見ながらだと、迷わずに進められると思います。

ちなみに、
Zaifのアカウント登録はPCとスマホの両方から可能
ですが、本投稿ではスマホアプリの画面で説明します。

ZaifのPCからのアカウント作成方法は
こちらで紹介しています。
【画像で解説】Zaifの登録から入金までの使い方まとめ

PCとスマホ、好きな方からアカウント登録すればOKだと思います。

 

Zaifのスマホアプリでアカウントを作成

Zaifのスマホアプリの画面の補足

スマホは管理人のiphone8ですので、

Zaifのスマホアプリの解説画像を説明していきます。

アンドロイド版とは多少ことなるかもしれませんが、

ご了承ください。

最初に、Zaifのスマホアプリをダウンロードします。

「Zaif」で検索すると見つかります。

 

 

まず、

アプリを起動します。

【新しくウォレットを作る】をタップします

すると…この画面になります。

 

【次へ】をタップすると、大事な画面です。

復元パスフレーズを記録してください!という画面がでます。

オレンジ色の画面です。

 

復元パスフレーズは絶対忘れてはいけない4桁のパスコードです。

必ず、控えておき忘れないようにしましょう。

 

次に4桁のパスコードを設定します。

 

【パスコードを設定】をタップします。

 

 

同じパスコードを2度(確認のための再入力も)入力しましょう。

 

TouchIdを設定する画面が出ます。(ここはiphone固有かもしれません)

【TouchIDを設定】をタップして、自分の指の指紋を登録します。

TouchIDが正常に登録できたらこんな画面が出ます。

 

 

【さあ始めましょう!】をタップして次に進みます。

 

MAIN画面が表示されます。

 

MAIN画面の下の方の、【Zaif】のマークをタップします

 

無料登録エリアが画面の真ん中のほうに表示されています。

メールアドレスを入力して、【無料登録へ】をタップします。

 

アカウントの基本情報の登録

ここまでは、zaifウォレットを利用する初期設定でしたが、

ここからアカウントの基本情報を登録していきます。

 

自分はロボットではないという証明のための

ちょっとした画像認証クイズが表示されます。

今回は「道路標識」でした。

道路標識と思う部分をタップして【確認】をタップします。

 

確認メールが送信されたという画面が表示されます。

 

登録したメールアドレス宛に、

メールが届いているので、内容を確認します。

 


 

【メールに記載されているURLリンク】をタップしてください。

ユーザー登録の画面が表示されます。

利用規約、重要説明事項を読んで、

チェックをつけて、ユーザ情報を登録していきましょう。


パスワードを入力して【同意して登録】をタップします。

 

次に基本情報を登録します。





 

基本情報の項目をすべて入力し【変更】をタップします。

 

画面の中央に、基本情報の完了の表示がされます。

スクロールしないと見づらいかもしれません。



 

【本人確認手続きを開始】をタップします。

本人確認書類の提出を行います。

管理人は本人確認書類のアップロードを選択し、

書類は運転免許証を選択しました。

 






 

免許証の表面と裏面の画像をアップロードするのですが、

【ファイルを選択】をタップして画像を選択して、

その後に【ファイルをアップロード】をタップする2段階の手順が必要でした。

アップロードが正常にできたら、アップロードのファイル名が表示されます。

 

本人確認書類の補足

zaifのiphoneアプリ不具合かもしれませんが、

管理人の場合、免許証の表面、裏面ともにその場で写真をとったら、

ファイル名が同じというエラーになり、アップロードできなかったので

免許証の写真をカメラアプリで撮影して、

その写真の画像をファイル選択で選択する手段を取りました。

アプリで本人確認書類の画像を設定する場合、

予めとった写真をアップロードする方法をオススメします。

 

 

【本人確認の申請をする】をタップします。

 

Zaifの2段階認証を設定する

続いて、今後の万一のトラブルを避けるためにも

セキュリティ向上のための2段階認証を設定します。

 



 

【2段階認証の設定を開始】をタップします。

 





管理人は、Googleの認証アプリで仮想通貨アプリは

統一しているのでGoogleAuthenticatorで認証しました。

 

Googleアプリで+を押した後、QRコードをカメラで読み込み、

Google認証アプリに表示された6桁の数字を

アプリで認証する画面の2段階認証コードに入力します。

 

セキュリティの画面を確認して、

2段階認証の設定を有効化しました

と表示が出ればOKです。










 

管理人は2段階認証の設定は初期値のままにしました。

 

口座情報の登録を行う

続きは、本人確認書類が届いてから、口座開設作業を行います。

さらにその後、入金まで行います。

 

補足

ここまでで、Zaifのアカウント登録は一旦完了です。

5分もあればサクッと作成できそうですね。

こちらはPCでの登録画面で説明しましたが、

スマホの登録はまた若干違う部分があるので、

スマホでアカウント登録される方はこちらもご覧ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です