仮想通貨のウォレットの仕組みや種類は?特徴やおすすめアプリまとめ

こんにちは、ブログ管理人のsuzzuです。

 

この投稿では、仮想通貨の取引を行う上で欠かせない存在であるウォレットについて、

仮想通貨のウォレットの仕組みや種類は?特徴やおすすめアプリまとめ

というテーマで、まとめていきます。

 

補足説明
この投稿は以下の内容を理解している前提で書かれていますので、
まだ読まれていない場合は、以下の記事もご確認ください。

知らなきゃ損!仮想通貨の購入前に絶対に知っておくべき基本まとめ

 

仮想通貨のウォレットの仕組みや種類は?

 

仮想通貨のウォレットって何?ウォレットの仕組みや違いまとめ

仮想通貨の取引で絶対に欠かせない存在であるもの

仮想通貨のウォレット(財布)

になります。

 

ウォレットとは英語のウォレット(wallet)からきた和製英語ですが、

ウォレットは仮想通貨を保管する財布

と覚えておいてよいと思います。

 

仮想通貨のウォレットの種類はいくつ?

では、仮想通貨のウォレットの種類ですが、大別すると

ウォレットの種類とは・・・

1.インターネットに接続されているホットウォレット

2.インターネットに接続されていないコールドウォレット

の2種類があります。

 

インターネットで利用する仮想通貨だから

インターネットにオンライン接続されている場合はホットと呼び、

接続されていないオフラインならをコールドと呼ぶなんて、

シャレた名前の定義ですね。

 

基本的に、魚はオフラインのコールドが安全ですが

取引をする際にはオンラインを利用する必要があるので、

使いやすさと安全性のトレードオフ

が発生します。

 

まず必ず取引で利用するホットウォレットから

もう少し詳しく説明します。

 

仮想通貨のホットウォレットの種類や特徴は?

ホットウォレットを大きく分けると

ホットウォレットの種類

1.ウェブウォレット(ブラウザで操作)
2.スマートフォンのウォレット(アプリで操作)
3.パソコンアプリのウォレット(ソフトで操作)

の種類があります。どれもログイン必須です。

 

1のウェブウォレットには、2種類あって

1つが取引所のウォレットがあり、

もう1つがオンラインウォレットと呼ばれる取引所ではないウォレットがあります。

 

最も安全性が自分でコントロールできない存在が

取引所のウォレットなので、

取引所のウォレットには長期間置いたままにしない方がよい

と言ってよいと思います。

2018年のコインチェックでのNEM盗難事件も

取引所のウォレットがハッキングで盗まれましたし。

 

 

仮想通貨のオンラインウォレットのサービスは?

で、取引所よりも安全と言われる存在がオンラインウォレットで

具体的にはいくつかの有名なサービスが存在します。

 

オンラインウォレットの人気サービス

blockchain.info 日本語対応されている世界中で使われる。

coinbase.com 英語だが世界的には↑と双璧の人気

Myetherwallet.com 日本語対応されているイーサリアムトークン対応ウォレット

オンラインウォレットごとに、ビットコイン、アルトコイン対応しているサービスが異なるので、利用前に確認する必要がありますが、取引所よりも安全と言われています。

 

2018年5月現在、管理人調べでは

blockchain.infoではビットコインやイーサリアムに対応、

coinbase.comではビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、ビットコインキャッシュに対応、

myetherwalleet.comではイーサリアム、イーサリアム・クラシックはじめ、すべてのイーサリアムトークンに対応

という状況。

 

ただし、オンラインウォレットのサイトはどこも

必要以上にオンラインウォレットに置かないで

といった文言も入っていますので、オンラインウォレットなら絶対に安全という意識は持たない方がよいと思います。

 

それぞれ、強みが異なるようなので、目的に応じて使い分ける必要がありますね。

 

ホットウォレットで最も安全なのは?

仮想通貨の取引に必ず必要なウォレットの中で、ホットウォレットの中で最も安全なのは、最初に説明した

2.スマートフォンのウォレット(アプリで操作)
3.パソコンアプリのウォレット(ソフトで操作)

になり、ソフトウェアウォレットとも呼ばれています。

 

ソフトウェアウォレットは、簡単に説明すると

自分のスマホや、パソコンにソフトウェアをダウンロードして

ソフトウェア上に仮想通貨を保存するウォレット

というイメージでよいと思います。

 

ソフトウェアウォレットの場合は

スマホやパソコンがハッキングされない限り、

勝手に仮想通貨を利用されるというトラブルは起きにくいのが特徴。

 

いわゆるソフトウェアウォレットは

スマホなら、アップルストアや、アンドロイドマーケットで、

PC版なら、各仮想通貨の公式サイトからダウンロード可能です。

 

また、最近は

スマホアプリのウォレットはモバイルウォレットと定義

されることもあるので、アプリだとより便利に使えますね。

 

ただ、現状はサービスによっては、

スマホアプリは使いにくい

っていってるサービスもあるので、

実際に使ってみて自分にあうあわないを見る必要がありそうです。

 

続いて、ホットウォレットより

セキュリティが強固なコールドウォレットを説明します。

 

仮想通貨のコールドウォレットの種類や特徴は?

コールドウォレットには、大きく

 

コールドウォレットの種類

1.ハードウェアのウォレット(機械に保存)
2.ペーパーウォレット(紙に保存)

といった種類があります。

 

ハードウェアウォレットの種類は?

1ハードウェアのウォレットとしては、

USB型のハードウェアに保存するタイプが有名で、

Trezor, LedgerNanoSといった機種がある様子。

 

Trezorは、通貨ごとに最大10個のアカウントが作成可能なのが特徴で、

LedgerNanoSはリップルに対応しているのが特徴の様子。

 

ペーパーウェアウォレットの人気サービスは?

ペーパーウォレットのサービスは様々に存在するようですが、

ビットコインのペーパーウォレットとして人気なのが

bitaddress.org

というサービス。

 

bitaddress.orgではビットコインを使用するために必要な

ビットコインアドレスや秘密鍵を紙に印刷して

オフラインでインターネットに接続せず管理します。

 

紙がなくなったら怖いので、

実際、紙に印刷する場合は複数印刷するとか、

印刷した紙をpdfにスキャンして保存するとか

2重管理をした方がよいかと思います。

 

まだ、管理人は、コールドウォレットは利用したことないですが、

試してみたら、記事を追記します。

 

ホットウォレットとコールドウォレットのメリットデメリットは?

ホットウォレットのメリットは

便利に使える

ことですが、デメリットは例えば取引所にウォレットを置いておくと

ハッキングされたり、倒産されるリスク

がある点だと思います。

2018年のコインチェックなどは取引所のウォレットが

ハッキングにあいましたし。

 

で、コールドウォレットのメリット

ハッカーに盗まれる心配がない

というのが最大のメリットで、デメリットやリスクは

物理媒体や紙をなくしたらパーになる

ということだと思います。

 

また、仮想通貨の基本の基本として

暗号化パスワードを忘れたら使えなくなる

という問題もあるので、どのウォレットに保存するか、パスワードをどこに保存するかは、ものすごく大切なことになってきます。

 

ウォレットのザックリとした基本は以上ですが、

ウォレットを使う場合は

基本はソフトウェアのウォレットに保存し、

長期間利用しない場合は、ペーパーウォレットかはハードウェアウォレットに保存する

という使い分けがベターだと思います。現在は。

 

仮想通貨のウォレットのおすすめアプリまとめ

 

ここでは、仮想通貨ウォレットのおすすめアプリを検証していきます。

ただ、2018.5.11アプリを使ってみて使用感を試しているところなので、

もう少し利用した後、本内容を追記します。

 

最後に

ここまでで、

仮想通貨のウォレットの仕組みや種類は?特徴やおすすめアプリまとめは終了

となりますが、まだ知っておいた方がいいこともあります。

さらに知っておいた方が良いことは・・・

順次、追記していく予定です。
もし、あなたが気になってることがあるなら、コメント欄から質問くださいね。

追記予定は、

・コインチェック流出問題の原因とは?
・ウォレットから盗まれることはないの?
・ウォレットの危険性は?

です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です