仮想通貨fxの仕組みは?やり方や勝ち方まとめ!税金や確定申告の話も

2017年は仮想通貨とくにビットコインやイーサリアムがグ~ンと伸びて仮想通貨の価格はずっと上がり続けるようにも感じていましたが、2018年は上がったり下がったりとなかなか難しいところ。

そんな中、チャートが下がっても勝てるということで、仮想通貨fxという方法が気になったので、仮想通貨fxの仕組みを調べ、やり方や勝ち方、さらに仮想通貨fxでの税金や確定申告のの話も調べ、仮想通貨fxに取り組む前に絶対に知っておくべき話をまとめました。

 

補足説明
この投稿は以下の投稿内容を理解していた方が、
より理解が深まると思います。

まだ読まれていない場合は、以下の記事もご確認ください。
仮想通貨の取引所と販売所の違いは?特徴やメリット・デメリットも調べてみた

 

仮想通貨fxの仕組みは?やり方や勝ち方まとめ!税金や確定申告の話も

 

そもそもfxとは?

そもそもFXとは何か?ですが、

FXはForeign Exchangeの頭文字からきていて、

元々のFXの日本語訳は、外国為替の意味

 

ただし、日本では

FXというと、外国為替の意味というよりも、

証拠金取引の意味

で、使われていることも多い印象。

 

蛇足ですが、

北川景子さんの夫のDAIGOさんのDAI語があって

たとえば、MMが「マジ無理」という意味ですが、

FXが証拠金取引というのもある意味、似たような感じかと。

 

仮想通貨fxとは?

ここまでを踏まえて、

仮想通貨FXという言葉の意味をみていくと、

仮想通貨の外国為替ではなくて、

仮想通貨FXは、仮想通貨の証拠金取引という意味

だと、わかってきます。

 

仮想通貨の現物取引は仮想通貨そのものを購入するものですが、

仮想通貨FXは、仮想通貨の取引所に預けた証拠金を担保に

仮想通貨(金融商品)を購入する信用取引です。

 

ビットコインFXとは?

また、仮想通貨で一番有名なコインがビットコインですが、

ビットコインFXは、ビットコインの証拠金取引

という意味で解釈すればよいと思います。

 

仮想通貨FXの最大倍率は?

仮想通貨FXの信用取引を行うにあたり、

日本の法律では最高25倍まで信用取引が許されています。

この倍率は、外国為替のFXも同じ倍率。

 

例えば、ビットコインが仮に75万円だったとして

3万円を証拠金として最高倍率25倍の取引所なら
3万円を元手に、75万円の金融商品を購入可能

ということです。

 

ちなみに、外国の仮想通貨FXでは

最大倍率が200倍というところもあり、

ここだと3万円の証拠金で600万円の取引が可能

ということなので、倍率の高い

FXはハイリスクハイリターンな取引

ということがわかると思います。

 

仮想通貨FXのメリットは?

仮想通貨FXのメリットを考えてみました。

 

仮想通貨FXのメリットは、

FXで言われる証拠金取引のメリットとほぼ同じで

3つのメリットがあると思われます。

 

仮想通貨FXの3つのメリットは、

仮想通貨FXのメリット
  1. 持っているお金以上の仮想通貨の取引ができる
  2. 仮想通貨の価格が下落していても利益を出せる(空売り)
  3. 24時間365日トレード可能

といった内容。

 

仮想通貨FXは、

レバレッジをかけることで、大きな取引ができて、

24時間365日トレードが可能で、

仮想通貨が下落していても利益を出せる方法の1つ

と言えるかも。

 

ただし、なんども書きますが、

基本、仮想通貨FXはハイリスクハイリターンなので、

ルールをしっかり理解して行わないと大ケガしやすいので、

しっかりとルールを万部必要があります。

 

仮想通貨FXのデメリットは?

続いて、仮想通貨FXのデメリットを考えてみます。

 

仮想通貨FXのデメリットは、

仮想通貨FXのメリット
  1. 24時間365日トレード可能で値動き幅が激しいので、1分の見逃して大損する可能性
  2. 仮想通貨(ビットコインならビットコイン)を使えない
  3. レバレッジがかかる為、大儲け、大負けをいしやすい
  4. 基本、レバレッジ手数料が必要になる

という部分かと思います。

 

大負けしやすいというのはわかると思いますが、

信用取引(証拠金取引)ではビットコインは使えない、

具体的には仮想通貨の送金も決済もできないので

注意が必要。

 

 

それ以上に注意が必要なのが、

少しチャート見てないうちに大きく価格が動きうる

というところで、チャートの休みがないというのは

ある意味ではデメリットで、常に気が抜けない

ということが言えると思います。

 

また、レバレッジ手数料とよばれる手数料があって、

ポジションを翌日へ持ち越す際に、手数料が0.04%発生する

取引所が多い様子。

例えば、100万円の取引中なら0.04%で

1日400円ずつ手数料が必要、という感じで

手数料が必要になる取引所が多いということも

理解しておく必要があると思います。

 

仮想通貨FXの確定申告や税金について

仮想通貨FXで利益を出した場合の確定申告や税金について調べました。

 

仮想通貨関連で税金がかかるパターンは、大きく言うと

  1. 仮想通貨を利用することで利益をだした場合
  2. 仮想通貨を贈与された場合

の2つある場合。

 

2の場合は、別でまとめた仮想通貨の税金についての記事をご覧ください。
仮想通貨の確定申告の計算方法は?アプリや必要書類の書き方についても

 

で、1の場合ですが、国税庁のHPをみると

ビットコインは、物品の購入等に使用できるものですが、このビットコインを使用することで生じた利益は、所得税の課税対象となります。

このビットコインを使用することにより生じる損益(邦貨又は外貨との相対的な関係により認識される損益)は、事業所得等の各種所得の基因となる行為に付随して生じる場合を除き、原則として、雑所得に区分されます。

引用先:国税庁のQ&Aページ

と書かれていて、雑所得として確定申告する必要があります。

 

 

 

 

ちなみに、

FXだと税金は20%で、3年間損失を繰り越すことが可能ですが、

仮想通貨の場合は、損失の繰越制度はありません。

 

おそらく仮想通貨の税制も近い将来に見直されると思いますが、

仮想通貨の税金の最高税率は45%で、損失繰越はできない

ということは、理解しておく必要があると思います。

 

仮想通貨FXのやり方は?

物理的に、仮想通貨FXを行うには、

仮想通貨FXを行う取引所に口座を開設して、

その取引所の仮想通貨FXサービスを利用して、

取引を行う必要がありますが、

その話は、もう少し↓で紹介します。

 

まず、仮想通貨FXのやり方を理解するときに、大事な前提

現物取引は実際に仮想通貨を購入、売却して利益を出す

というスタンスですが、

仮想通貨FX取引では仮想通貨の売買したと仮定して

取引を進めて、売買の差額が利益になる

という違いがあるという部分になります。

 

仮想通貨FXで勝つためのやり方
具体的に、仮想通貨FXで勝つためには、

  1. 値上がりを予測して、安いときに買って、高く売るロング
  2. 値下がりを予測して、高いときに売って、安く買い戻すショート

の2つのパターンがあります。

 

このロング、ショートは、いわゆる

FX取引をするには必ず理解しておくべき用語なので、

覚えておきましょう。

 

仮想通貨FXのロングのやり方や例について

仮想通貨FXでロングのやり方、ロングで利益の出る例を考えてみます。

 

最高倍率25倍の仮想通貨FXの取引所で

25倍のレバレッジをかけて、ロングで利益を出す例がこちら。

仮想通貨FXのロングの例

ロングなので、値上がりを予測しています。

  1. 3万円の元手で25倍の75万円で1BTC(ビットコイン)を購入
  2. 1BTCが85万円に値上がったときに1BTCを売却
  3. ロングの売買差額が85-75=10万円になります
  4. レバレッジ分があるので10万円の1/25の4000円が利益になります

 

↑は、3万円の元手で4000円の利益をだしていますが、

実際には1日あたり0.04%のレバレッジ手数料がかかる場合があるので

その分を差し引いた額が利益。

 

上の例で、仮に75万円で購入して、65万円で売却した場合だと、

4000円+1日分のレバレッジ手数料が損益となり、

取引所によっては、ロスカット手数料が必要になることもあります。

ザックリ、イメージできましたか?

 

ちなみに、ロスカットとは

ロスカットとは、損失が大きくなった時に
自分の保有ポジション(買いポジション又は売りポジション)が
強制的に決済されるルール

のことで、

ロスカットによりトレードが強制的に終了される場合がある

のは理解しておく必要があります。

ロスカット時に発生する手数料は取引所により異なりますが、

追証なしの文言があれば、追加の手数料はない

と思います。

 

仮想通貨FXのショートのやり方や例について

仮想通貨FXでショートのやり方、ショートで利益の出る例を考えてみます。

仮想通貨FXのロングの例

ショートなので、値下がりを予測しています。

  1. 3万円の元手で25倍の75万円で1BTC(ビットコイン)を売却(空売り)
  2. 1BTCが65万円に値下がったときに1BTCを購入
  3. ショートの売買差額が75-65=10万円になります
  4. レバレッジ分があるので10万円の1/25の4000円が利益になります

 

↑は、3万円の元手で4000円の利益をだしていますが、

実際には1日あたり0.04%のレバレッジ手数料がかかる場合があるので

その分を差し引いた額が利益。

 

上の例で、仮に75万円で売却して、85万円で購入した場合だと、

4000円+1日分のレバレッジ手数料が損益となり、

取引所によっては、ロスカット手数料が必要になることもあります。

まずは、ザックリとイメージできていればよいかと思います。

 

仮想通貨FXでのオススメの取引所は?

実際に、仮想通貨FXを行うには、

仮想通貨FXを行っている取引所を利用して

仮想通貨FX取引をおこなう必要がありますが、

オススメの取引所は、現在精査中ですので、

精査後、追記します。

 

取引所によっては、

システム障害で売りたいときに売れない、

買いたいときに変えない不具合があって損をした人もいる

ようなので、やはりシステムが安定稼働していて、

手数料が安い取引所がベターだと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です