SBIの運営するVCTRADE(VCトレード)の販売所や取引所の手数料は?アルトコインの取扱い通貨の情報も

2018年6月から仮想通貨取引サービスを開始したの大手SBI系列のSBIバーチャル・カレンシーズが運営する仮想通貨の取引所VCTRADE(VCトレード)で、2018年7月から一般の口座開設が可能になるという話。

仮想通貨の販売所や取引所であるVCTRADEの販売所や取引所の手数料や、アルトコインの取扱い通貨の情報、VCTRADEの特徴やメリット、デメリットについて調べました。

補足説明

この投稿は以下の内容を理解している前提で書かれていますので、
まだ読まれていない場合は、以下の記事もご確認ください。

仮想通貨の取引所と販売所の違いは?特徴やメリット・デメリットも調べてみた

VCTRADE(VCトレード)の運営会社や取引所の手数料は?

ビットコインやイーサリアムなどを仮想通貨を売買するには、

販売所や取引所を利用する必要がありますが、

本投稿ではSBIバーチャル・カレンシーズが運営する

取引所VCTRADE(VCトレード)の特徴や手数料、

取り扱い通貨(アルトコイン)について調べました。

 

VCTRADEを運営するSBIバーチャル・カレンシーズ株式会社とは?

まず、仮想通貨の取引所VCTRADEですが、簡単にいうと

仮想通貨取引所VCTRADEとは?

SBIホールディングスの北尾吉孝社長が掲げた

仮想通貨業界の手数料を大幅に下げて、

スプレッド革命を起こすために作られたサービス

だと思います。

 

VCTRADEを運営するSBIバーチャル・カレンシーズ株式会社は、

2016年11月に設立された会社で、代表は北尾吉孝(きたおよしたか)さん

 

SBIバーチャル・カレンシーズ株式会社の株主や社長は?

SBIバーチャル・カレンシーズ株式会社の株主はSBIグループが100%を持ち、

SBIグループの小会社として設立されました。

 

北尾吉孝さんといえば、SBIホールディングスの創始者でもありますし、

このVCTRADEへの力の入れようが見て取れます。

 

SBIバーチャル・カレンシーズ株式会社の事業内容は?

SBIバーチャル・カレンシーズ株式会社の事業内容としては、

SBIバーチャル・カレンシーズ株式会社の事業内容は?
  1. 仮想通貨取引所VCTRADEの運営

と、仮想通貨の取引所の運営がおもな事業内容。

 

少し上に書きましたが、SBIグループとしては、

仮想通貨業界にスプレッド革命を起こす

という考えがあるようですし、

今後、低価格、使いやすいサービスの提供が期待されます。

 

また、SBIホールディングスとして

「Sコイン」というトークンを発行されるようなので、

こちらのサービス内容も気になる所。

 

VCTRADEを利用するメリットや特徴は?

仮想通貨の取引所VCTRADEを利用するメリットを簡単に箇条書きにすると、

SBIバーチャル・カレンシーズの特徴は?
  • 口座開設、口座維持手数料、取引手数料が無料
  • 営業時間は午前7時から翌日午前6時
  • メンテナンス時間は午前6-7時(おそらくログインNG)
  • 取り扱いコインは3種類
  • 販売所形式での販売はなく、取引所形式での購入売買が可能
  • 注文の種類は、現物取引のみで、レバレッジ取引なし
  • 現物取引では、成行注文、指値注文が可能
  • セコムのグループ会社と提携し、ウォレットを運営
  • 取引のシステムには、NASDAQの取引システムを利用
  • 2018年7月から一般の口座開設開始予定
  • 決済通貨は日本円が基本
  • トークンとして「Sコイン」という独自コインを運用予定

という部分になると思います。

 

SBIグループとして、

仮想通貨業界でスプレッド革命を起こす

という話ですが、セコムと提携したり、

アメリカの大手証券取引所NASDAQの取引システムを使う

ということなので、取引のパフォーマンスは高そうで、

セキュリティレベルも非常に高そう。

 

ちなみに、スマホアプリは無いようですが

ブラウザの画面がスマホ対応されているようで

スマホからもVCTRADEの操作は可能という話。

 

VCTRADE(VCトレード)の取り扱いコインは?

VCTRADEの取扱コインの情報を調べました。

VCTRADEでの取り扱い通貨は、

VCTRADEの取扱コインは?
  • ビットコイン(BTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • リップル(XRP)

3種類の仮想通貨の取扱を行っています。

今後、さらに追加されていくと思われます。

 

VCTRADCEの手数料は?

VCTRADEの手数料について調べました。

 

VCTRADEの手数料の一覧はこちら。

VCTRADEの手数料は?

口座開設手数料
口座維持費用
取引手数料
入金手数料

が0円

で、以下は有料。

 

VCTRADEの出勤手数料は、

住信SBIネット銀行への出金手数料は51円(税込)、

それ以外の銀行の場合、

出金額3万円未満なら165円(税込)で

出金額3万円以上なら258円(税込)。

 

出金手数料も含めて、

手数料は業界最安値レベル

と言って問題なさそう。

 

詳細なVCTRADEの取引手数料のページをご覧ください。

 

補足

管理人も近々、
VCTRADEで講座を開設して仮想通貨を購入予定ですので、

VCTRADEでのアカウント作成や口座入金の方法、
VCTRADEでの仮想通貨の購入方法や画面の見方など
画像付で説明記事を作ります。お楽しみに。

続いて、VCTRADEのデメリットを調べました。

 

VCTRADEのデメリットは?

VCTRADEのデメリットですが、

  1. 販売所形式での販売がない
  2. 取り扱いコインが少ない

というのが、デメリットだと言えそう。

 

ただ、今後、サービスレベルが上っていくと

思いますし、今後に期待できます。

 

ただ、前述した通り、

  1. NASDAQの取引システムを利用するため安定性が高い
  2. セコム系列の会社と提携してウォレットを管理する為、セキュリティ高い

という期待ができるので、

安くリップル、ビットコイン、ビットコインキャッシュを買うためには

悪くない環境かも。

 

口座開設については、管理人も

2018年7月の一般の口座開設開始になれば

口座開設の手順や方法なども追記します。

 

VCTRADEのセキュリティは?

また、VCTRADEのセキュリティ対策はどうか?ですが、

セコムのグループ会社「セコムトラストシステムズ」と

提携してウォレットを運営していて、

VCTRADEのセキュリティ対策
  • SSL証明書でフィッシング対策
  • サーバー攻撃への対策
  • 内部犯行への対策
  • コールドウォレットで仮想通貨を保管
  • マルチシグネチャで秘密鍵を管理
  • 高い強度のパスワードで認証
  • 総当たりの不正ログインの防御を行う
  • 日本円資産の分別管理
  • 仮想位通過資産の分別管理

を行うと公表されているので、

セキュリティレベルは高く、安心して利用できると思います。

 

なので、

VCTRADEのセキュリティ対策は世界最高水準

と考えて、問題ないと思います。

 

マルチシグについて、詳しく説明しているビットバンクの説明ページも紹介します。

ビットバンクccの販売所や取引所の手数料は?取り扱い通貨やリップル1位の理由も

 

VCTRADEのWebをスマホアプリのように使える!

VCTRADEからは

VCTRADE LITE

といったスマホアプリがリリースされていれば、よかったのですが

2018年6月時点ではまだアプリはリリースされていません。

 

ただ、そのかわり、

VCTRADEのWEBサイトがスマホに完全対応

しているので、

VCTRADEの公式サイトのショートカットを

スマホに作成することで、

アプリを使う感覚でブラウザから

VCTRADEのサイトにアクセスすることができます。

 

VCTRADEのスマホWEB画面からは

  • 日本円の入出金
  • 仮想位通過の注文
  • トレード
  • 口座の開設、口座情報の確認・更新

が可能だと思われます。

一通り、スマホから操作可能なのはよいですね。

 

 

最後に

ここまでで、SBIバーチャル・カレンシーズ株式会社や、取引所VCTRADEの手数料、取り扱い通貨など調べた話は一旦終了です。

SBIグループが運営するということで、非常に今後のサービス展開が楽しみな取引所ですね。

 

あと、今後以下の内容を追記予定です。

追記予定の内容として

追記予定は、

  • VCTRADEで口座を解説する方法(画像つき)
  • VCTRADEで実際に取引を行う方法
  • VCTRADEのスマホWEB画面の見方や使い方の解説

です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です