仮想通貨(ビットコイン)の取引所と販売所の違いは?特徴やメリット・デメリットも調べてみた

こんにちは、ブログ管理人のsuzzuです。

 

この投稿では、ビットコインやアルトコインの仮想通貨を購入するときに必要になる情報について

仮想通貨(ビットコイン)の取引所と販売所の違いは?特徴やメリット・デメリットも調べてみた

というテーマで、まとめていきます。

 

補足説明

この投稿は以下の内容を理解している前提で書かれていますので、
まだ読まれていない場合は、以下の記事もご覧ください。

これを読めば理解できる!仮想通貨の基本中のキホン

特に、↑の資金決済に関する法律の話をザックリと理解していると、
本投稿の内容を理解しやすいと思います。

 

仮想通貨(ビットコイン)の取引所と販売所の違いは?

 

ビットコインやアルトコインといった仮想通貨を日本で購入する場合は、取引所か販売所を利用する必要がありますので、それぞれの特徴や違いについて調べました。

 

ちなみに、2018年4月1日から日本では「改正資金決済法」という法律が施工されて、仮想通貨を販売する業者は国に届け出して、認可を得る必要があるようになっています。

ただ、いまは過渡期なので業者の認可中でもあるようです。

 

仮想通貨の取引所と販売所の違いは?

仮想通貨の取引所と販売所の違いについてですが、感覚的には

仮想通貨の販売所と取引所の違いは?

取引所は、個人間で取引を行う場を提供。ヤフオク的なイメージ。

販売所は、業者から購入する場を提供。販売店的なイメージ。

というイメージで問題ないと思います。

 

取引所では、個人と個人が取引を行う場を提供するので

取引は個人対個人になります。

成行注文、指値注文といった購入方法で購入します。

ヤフオクなどで、個人と取引するようなイメージ。

 

一方、販売所では、仮想通貨交換業者が個人に

決められた価格で販売します。

いわばアマゾンや楽天で商品を買うようなイメージ。

 

まず、ざっくりと取引所と販売所の違いを

イメージできていればOKだと思います。

 

仮想通貨の取引所と販売所ではどちらが安い?

 

仮想通貨の取引所と販売所のどちらが安く買える?かについてですが、

基本的には取引所で購入した方が安く購入できる場合が多い

と覚えておいてよいと思います。

 

ビットフライヤーの場合の販売所と取引所の違い

大手販売所ビットフライヤーの場合の販売所と取引所の違いを見てみましょう

2018年5月のとある日のビットコインの

販売所のスプレッド手数料をみると


出典元:ビットフライヤー

ビットコインを購入してすぐに売ると約4%の手数料がかかる感じ。

 

続いて、取引所としてビットフライヤーを利用した場合の

取引所のスプレッド手数料を調べてみると、とある日だと

ASK(買い)が815,853円

BID(売り)が807,535円

といったように、スプレッド手数料は約0.1%

販売所と取引所では、

目に見えるスプレッド手数料の違いがあることがわかりますね。

 

あ、こういった手数料は販売所ごとに異なるものですので、

それぞれの販売所の話は販売所個別のページで説明します。

 

仮想通貨の取引所と販売所のメリットやデメリット

ただ安さを求めるなら仮想通貨の取引所を利用したほうが安い

いうことがわかってきましたが、

仮想通貨の取引所や販売所のメリットやデメリットを整理してみます。

 

仮想通貨の取引所のメリットやデメリットは?

仮想通貨の取引所を利用するメリット

  1. スプレッド手数料が販売所より安い
  2. 指値注文で、自分が思った金額で購入できる
  3. 毎日の時価となる成行注文で購入できる

ということになると思います。

特に1と2は安く購入でき、手数料も安いという点で

メリットが大きいのかなと思います。

 

指値注文と成行注文の違いは?

指値注文は、価格と量を自分で指定して、希望する価格で購入する方法
成行注文は、市場の成行にまかせて、市場価格で購入する方法

 

仮想通貨の取引所を利用するデメリット

  1. 取引に時間がかかることがある
  2. 指値注文がマッチしないと注文できないこともある
  3. 販売所で購入するより複雑でなれるまでは敷居が高い
  4. 成行注文だと金額が上下するので損した気になることもある
  5. 取引所で扱っていない銘柄は購入できない

という部分だと思います。

 

ただ、慣れるまでは敷居が高いかもしれませんが、

大きなデメリットではないと思うので、

慣れるのが吉かな、と思います。

 

仮想通貨の販売所のメリットやデメリットは?

仮想通貨の販売所を利用するメリット

  1. 初心者の人でもわかりやすく間違えずに購入できる
  2. スピーディに、仮想通貨を購入できる

ということになると思います。

特に早さと、わかりやすさは大きなメリットなのかなと思います。

 

仮想通貨の販売所を利用するデメリット

  1. スプレッド手数料が取引所より高い
  2. 販売所ごとに手数料が違う
  3. 販売所で扱っていない銘柄は購入できない

という部分だと思います。

販売所ごとに手数料が違うという点は見逃せないので、

より安く購入するためにも、

販売所ごとの特徴も抑えておきたいですね。

 

自分で仮想通貨を購入する場合、

日本国内の大手販売所・取引所の違いを理解することで、

損をせず、購入することができる

と言えると思います。

 

まとめ

仮想通貨(ビットコイン)の取引所と販売所の違いや、メリット・デメリットについてまとめました。

手数料の安さを選ぶか、取引の早さを選ぶか、わかりやすさを選ぶかで選択肢がかわってくるということがわかりましたね。

管理人は基本、取引所で購入をおすすめします。

 

また、より賢く損をせずに仮想通貨を購入するために、

国内の販売所、取引所の情報は以下のページでまとめています

→ただいま作成中です。

より賢く、上手に仮想通貨を購入・売買していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です