【画像で解説】GMOコインの登録から入金までの使い方まとめ

こんにちは、ブログ管理人のsuzzuです。

 

この投稿では、仮想通貨の販売所や取引所であるGMOコインの使い方や注文方法をブラウザの画像解説をつけて、まとめました。

また、GMOコインのアカウント登録から入金手順も説明しています。

 

補足説明
GMOコインの販売所や取引所のアカウント解説から入金手順を理解する前に、仮想通貨の取引所GMOコインの手数料や取り扱いコインなど特徴をまとめた内容はこちらです。

GMOコインの販売所や取引所の手数料は?アルトコインの取扱い通貨の情報も

GMOコインの特徴を理解すれば、よりよい取引ができると思います。

 

GMOコインの登録から入金まで画像で解説

 

GMOコインで仮想通貨を売買するには、大きく

  1. アカウントを作成して、
  2. 入金して
  3. 仮想通貨を購入

とざっくり3ステップ必要ですが、

ここでは1と2のステップを画像で解説していきます。

3は別ページで説明します。

 

GMOコインへのアカウント登録の補足
このページを読んで、今すぐやってみようと思われた方は、
画面最下部のアカウント登録リンクから登録をどうぞ。
画面を見ながらだと、迷わずに進められると思います。

ちなみに、
GMOコインのアカウント登録はPCとスマホの両方から可能ですが、
本投稿ではPCの画面で説明します。

GMOコインのスマホアプリからのアカウント作成方法は
こちらで紹介しています。
GMOコインのスマホアプリの使い方や注文方法まとめ!アカウント登録から入金手順も

(※↑は、記事完成後URLリンクを設定します)

PCとスマホ、好きな方からアカウント登録すればOKだと思います。

 

GMOコインのアカウント作成

まずは、GMOコインのトップ画面がこちら。

補足、2018年6月2日時点の情報で、PCのブラウザ画面を画像紹介します。

 

GMOコインのトッページの【口座開設はこちら】をクリックします。

 

メンテナンスについて

管理人がはじめてアカウント登録したのは

水曜日の午後15-16時の間だったのですが、

メンテナンス期間はアカウント開設不可でした。

メンテナンス時間を外して、アカウント開設しましょう。

 

メールアドレス登録の画面が表示されます。

メールアドレスを入力後、

【私はロボットではありません】のチェックを入れて

【無料口座開設】をクリックすると、

登録確認メール送信完了画面が表示されます。

 

登録したメールアドレス宛に、

メールが届いているので、内容を確認します。

【メールに記載されているリンク】をクリックしすると、

パスワード設定録画面が表示されます。

 

パスワードとパスワード(確認)を入力して、

設定するをクリックしすると、

仮口座登録完了の画面が表示されます。

パスワードには、8-20文字で

アルファベットと半角数字を1文字以上が必要。

続いて、【ログイン画面へ】でログイン画面に

画面遷移します。

 

アカウントの基本情報の登録

続いて、会員ログインページからログインして、

アカウントの基本情報を登録していきます。

メールアドレスとパスワードを入力して、

【ログイン】をクリックすると、

電話番号による認証画面が表示されます。

 

コード送信をクリックして、SMSによる認証設定を行います。

【コードを送信する】をクリックすると、

携帯電話番号に2段階認証コードが送信されます。

 

画面もSMSで認証するページが表示されます。

2段階認証コードを入力して【認証する】をクリックします。

 

認証が完了しました。

口座開設申込を入力していきます。


全項目入力します。

職業は以下から選択します。

全項目入力し、一番下【同意する】にチェックすると、

【確認画面へ】ボタンがクリック可能になりますので、

入力できたら【確認画面へ】をクリックします。

 

なお、住所欄の動作は注意点が必要なのでご紹介。

具体的に、住所欄は、集合住宅か戸建てで入力項目が変わり、

初期値が集合住宅なので、戸建てにお住まいだと

戸建てのチェックが必要です。

ちなみに、集合住宅がチェックされていると、

建物名や部屋番号が入力必須でした。

 

入力した内容の確認画面が表示されます。

入力内容の確認をして【確定】をクリックします。

ここまでで、口座開設申込は完了です。

本人確認書類をアップロードする

続いて、本人確認書類をアップロードします。

 

まずは本人確認方法を選択します。

  1. 本人確認書類の画像をアップロードか
  2. 受取時に本人確認する

の二種類が選択できます。

ちなみに、受取時本人確認の場合は、以下の書類を用意して、佐川急便の「受取人確認サポート」サービスを利用する仕様でした。

 

管理人は本人確認書類のアップロードを選択し、

書類は運転免許証を選択しました。

表面の画像を選択、裏面の画像を選択、でそれぞれ画像をアップロードし、

【画像を確認する】をクリックすると、

本人確認書類のアップロード完了の画面が表示されます。

また、口座開設申し込み完了のお知らせというメールが届きます。

 

画面の会員ホームを選択して

口座開設手続きのご案内を確認します。

審査中になっていれば、OKです。

後は、審査結果が届いてからの作業になります。

GMOコインの2段階認証を設定する

続いて、今後の万一のトラブルを避けるためにも

セキュリティ向上のための2段階認証を設定します。

 

メニューの口座情報→セキュリティをクリックして

セキュリティの画面を表示させます。

初期状態では、パスワードの変更タブが選ばれているので、

【2段階認証のタブをクリック】すると

2段階認証の画面になり、

現在の認証方法がSMS(初期設定)と確認できます。

2段階認証を【アプリへ変更】をクリックし、

認証方法を変更しようとすると、

まずSMSに2段階認証コードが表示されます。

SMSに届いたコードを入力すると、

アプリで認証するの画面が表示されます。

管理人は、Googleの認証アプリで仮想通貨アプリは

統一しているのでGoogleAuthenticatorで認証しました。

Googleアプリで+を押した後、QRコードをカメラで読み込み、

Google認証アプリに表示された6桁の数字を

アプリで認証する画面の2段階認証コードに入力します。

ポップアップで2段階認証が設定されました

が表示されます。

 

セキュリティの画面を確認して、

2段階認証方法がアプリになっていれば設定完了です。

なお、初期値はログイン時の

2段階認証、利用しないですが

管理人は初期値のままにしました。

 

口座情報の登録を行う

続きは、本人確認書類が届いてから、口座開設作業を行います。

さらにその後、入金まで行います。

 

補足

ここまでで、GMOコインのアカウント登録は一旦完了です。

5分もあればサクッと作成できそうですね。

こちらはPCでの登録画面で説明しましたが、

スマホの登録はまた若干違う部分があるので、

スマホでアカウント登録される方はこちらもご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です