DMMビットコインの販売所や取引所の手数料は?アルトコインの取扱い通貨の情報も

こんにちは、ブログ管理人のsuzzuです。

 

この投稿では、仮想通貨の販売所や取引所であるDMMビットコインについて

DMMビットコインの販売所や取引所の手数料は?アルトコインの取扱い通貨の情報も

という内容で、まとめていきます。

 

補足説明
この投稿は以下の内容を理解している前提で書かれていますので、
まだ読まれていない場合は、以下の記事もご確認ください。

仮想通貨の取引所と販売所の違いは?特徴やメリット・デメリットも調べてみた

 

DMMビットコインの販売所や取引所の手数料は?アルトコインの取扱い通貨の一覧も

 

ビットコインやイーサリアムなどを仮想通貨を売買するには、

販売所や取引所を利用する必要がありますが、

本投稿ではDMMビットコインの特徴や手数料、

取り扱っているアルトコインについてまとめました。

 

DMMビットコインとは?

まず、DMMビットコイン(DMM BitCoin)についてですが、簡単にいうと

DMMビットコインとは?

FXやDMM証券など金融系サービスを手がけているDMMが参入した、これまでの金融ノウハウを仮想通貨業界に活かした取引所である

という理解で良いと思います。

 

DMMビットコインの運営会社ですが、

2016年11月に「東京ビットコイン取引所」を設立し

2017年12月12日に「DMM Bitcoin取引所」に社名変更していて、

2017年12月に仮想通貨交換業の登録を行っています。

 

DMMグループは、アダルトだけでなく、

動画、電子書籍、FX、DMM証券、DMMバヌーシーと、

凄い勢いで成長しているグループですが、

DMM.com証券は国内口座数1位ですし、

金融系のノウハウもあるし、資金的にも不安はなさそう。

 

DMMビットコインを利用するメリットや特徴は?

DMMビットコインを利用するメリットを簡単に箇条書きにすると、

DMMビットコインを利用するメリット
  • 取引手数料、出勤手数料、ロスカット手数料が無料
  • レバレッジ手数料は0.04%
  • 2018年6月30日まで新規口座解説で1000円がもらえる
  • 365日24時間サポート体制があり安心
  • 取引ツールが使いやすい
  • 少額から仮想通貨を購入できる
  • DMMビットコインで預けた通貨でレバレッジ取引ができる

という部分。

 

2018年6月8日の時価でいえば、

ビットコインは843円程度0.001BTCから

イーサリアムは665円程度の0.01ETHから

少額で購入をはじめられます。

 

また、DMMビットコインはいわば後発組といえる取引所だけに、

  • 取引手数料を無料にして、
  • 少額から始められるようにして、
  • サポート体制を24時間体制にして、
  • レバレッジ取引をできるようにして、

という部分で、仮想通貨を購入したい初心者はもちろん、

中級者の方にも魅力的なサービスを提供してくれています。

 

DMMビットコインのレバレッジ取引とは?

DMMビットコインの特徴的なサービスが

アルトコインのレバレッジ取引

 

これまでレバレッジ取引ができるのはビットコインだけ

という取引所が多かったのですが、

DMMビットコインではアルトコインのレバレッジ取引が可能

 

レバレッジ取引(信用取引)とは?

預けた証拠金の金額以上の取引をすることを言います。

例えば「レバレッジ2倍」で取引をした場合、
1万円の資金で2万円の取引が可能となります。

ハイリスクハイリターンな取引といわれていて、
FXのレバレッジ取引と同じようなイメージでOK。

 

レバレッジ取引といえば、怖いイメージもありますが、

うまくレバレッジを利用することで、

むしろレバレッジで、リスクヘッジできる場合もあるようです。

その具体的なパターンや説明は、

管理人がもう少し詳しくなったら追記します。

 

DMMビットコインの公式CMを見たことある?

DMMビットコイン公式のCM動画をみたことあります?

では、DMMビットコインの公式CM動画はこちら。

広告が一時期よくでていたのでご存知の方もいるでしょうが、

DMMビットコインの公式キャラクターはローラさん

ちなみに、後輩役はあまり見たことのない女優さんですが、

中川 梨花さんという、サンミュージック所属のタレントさん。

 

ちなみに、DMMビットコインのトップページを見ると

ローラさんがビットコインを持っている画像

ファーストビューで目に入ってきます。

 

DMMビットコインの取り扱いコインは?

DMMビットコインの取扱コインの情報を調べました。

DMMビットコインの取扱コインは?

DMMビットコインでは、

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ネム(XEM)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • イーサクラシック(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)

7種類の仮想通貨の取扱を行っています。

 

ただし、先ほど説明したように、

DMMビットコインでは現物取引だけでなく、

レバレッジ取引が可能で、その通貨ペアは全14種類と多い。

  • ビットコイン/円(BTC/JPY)
  • イーサリアム/円(ETH/JPY)
  • イーサリアム/ビットコイン(ETH/BTC)
  • ネム/円(XEM/JPY)
  • リップル/円(XRP/JPY)
  • ライトコイン/円(LTC/JPY)
  • イーサクラシック/円(ETC/JPY)
  • ビットコインキャッシュ/円(BCH/JPY)
  • イーサクラシック/イーサリアム(ETC/ETH)
  • ネム/ビットコイン(XEM/BTC)
  • リップル/ビットコイン(XRP/BTC)
  • ライトコイン/ビットコイン(LTC/BTC)
  • イーサクラシック/ビットコイン(ETC/BTC)
  • ビットコインキャッシュ/ビットコイン(BCH/BTC)

ビットコイン持っておくと、いろいろな通貨に変えられますね。

 

ちなみに、現物取引ができるのはビットコインとイーサリアムのみで、

あとのコインは、レバレッジ取引になります。

 

DMMビットコインの手数料は?

DMMビットコイン手数料について調べました。

DMMビットコインの手数料の一覧はこちら。

 

DMMビットコインの手数料は?

クイック入金、振込入金の日本円入金・出金は、手数料無料
仮想通貨入金・出金も手数料無料
取引手数料も無料
仮想通貨新規注文・決済注文、無料
ロスカット無料
レバレッジ手数料 建玉ごとに0.04% / 日

日本円の入金・出金も無料、取引手数料も無料とは、

手数料の安さは業界No1水準

と言えます。

 

手数料0円は今のところ、期限が切られていませんし、

ずっと0円だとつまりは、

アルトコインを一番安く買える

ってことなのでオトク感がある取引所はうれしい。

 

期間限定ですが新規口座開設するだけで1000円プレゼントを

されていますし、早いうちに口座開設したいですね。

 

補足

管理人も近々、
DMMビットコインで講座を開設してアルトコインを購入予定ですので、

DMMビットコインでのアカウント作成や口座入金の方法、
DMMビットコインでの仮想通貨の購入方法や画面の見方など
画像付で説明記事を作ります。お楽しみに。

続いて、DMMビットコインのデメリットを調べました。

DMMビットコインのデメリットは?

DMMビットコインは、取引所としては後発組だけに

デメリットが少ない取引所

と言えると思いますが、あえてDMMビットコインの弱点、デメリットを上げるなら

現物取引ができるのはビットコインとイーサリアムのみ

という部分かも。

ただ、同業他社と同レベルの取り扱いなので少ないということではないかと。

 

DMMビットコインのセキュリティは?

2018年1月にコインチェックでのネム(NEM)不正流出が話題になりましたが、コインチェックのセキュリティ対策が甘くて、ホットウォレットからNEMが流出したことが原因とされています。

 

では、DMMビットコインのセキュリティ対策はどうか?ですが、

DMMビットコインのセキュリティ対策は高い水準にある

と言って問題なさそう。

 

DMM証券などお客様の金融資産を扱うノウハウが活かされていて、

  • コールドウォレットでのオフライン保管
  • 利用時の2段階認証
  • SSL暗号化で盗聴や改ざんを防ぐ
  • DMMビットコイン保有と、顧客の資産を分けて管理

と、過去の他社の失敗を見てセキュリティ対策が打たれていると思われます。

 

最後に

ここまでで、

DMMビットコインの販売所や取引所の手数料や取扱コインの情報まとめ

は一旦終了です。

DMMビットコインは後発組ですが、レバレッジ取引が可能ですし、

入出金や取引手数料、手数料無料が魅力、という情報をお伝えしました。

あと、今後以下の内容を追記予定です。

追記予定の内容として

追記予定は、

・DMMビットコインでの、FXなどのレバレッジ取引の情報
・DMMビットコインで口座を解説する方法(画像つき)
・DMMビットコインで実際に取引を行う方法

です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です