【画像で解説】ビットフライヤーのアカウント登録から入金までやってみた

こんにちは、ブログ管理人のsuzzuです。

 

この投稿では、仮想通貨の販売所や取引所であるビットフライヤーの取引前に必須な作業を

【画像で解説】ビットフライヤーのアカウント登録から入金までやってみた

という内容で、アカウントの作成から入金まで画像つきで手順を紹介します。

 

補足説明
この投稿は以下の内容を理解している前提で書かれていますので、
まだ読まれていない場合は、以下の記事もご確認ください。

ビットフライヤーの販売所や取引所の手数料は?アルトコインの取扱情報についても

 

ビットフライヤーのアカウント登録から入金まで画像で解説

 

ビットフライヤーで仮想通貨を売買するには、大きく

  1. アカウントを作成して、
  2. 入金して
  3. 仮想通貨を購入

とざっくり3ステップ必要ですが、

ここでは1と2のステップを画像で解説していきます。

 

ビットフライヤーのアカウントを作成手順まとめ

まずは、ビットフライヤーのアカウントを作成していきます。

 

まずは、トップ画面がこちら。

ログインボタンの下の【無料アカウント作成】をクリックします。

 

ビットフライヤーのアカウント作成画面がこちら。

ビットフライヤーアカウントを個人で作成する場合、4つ方法があって

  1. メールアドレス登録
  2. Facebookでアカウント作成
  3. YahooIDでアカウント作成
  4. Googleでアカウント作成作成

から選べます。

 

私は、メールアドレスで登録を押しました。

メールアドレスを入力して【無料でアカウント作成】を押すと・・・

という画面になり、メールが送られます。

 

メールボックスにメールが届いていますので確認すると以下の内容。

メール内の【アカウント作成を完了させる】をクリックするか、

あなたのキーワードを2つ↑の画面の【キーワード欄】に入力すると・・・

アカウントの作成が完了します。

 

そして、↑のチェックにある

ご利用規約、プライバシーポリシー、

仮想通貨取引におけるリスク、

取引交付書面

を読んで全部チェックを入れると、

【bitFlyerをはじめる】ボタンを押せるようになります。

 

以降は、アカウントの2段階認証や

口座登録について手順を画像つきで説明します。

 

ビットフライヤーの2段階認証を設定する

続いて、2段階認証の設定画面になります。

二段階認証はセキュリティ強化のために

絶対に設定しておいたほうがよいと思います。

万一、不正ログインされても2段階認証が最後の砦になるので。

 

強く推奨されている【認証アプリを使う】で作成を選択すると、

認証アプリを3つから選ぶ画面になります。

 

管理人は、GoogleAuthenticatorを使っているのでそちらを使いました。

GoogleAuthenticatorを起動して、

+を押して新しい認証を追加し、

↑のバーコードを画像で読み込むと確認コードが出てきます。

 

確認コードの認証がOKだと、

二段階を使用する設定画面に遷移します。

必須以外は最初は、未チェックですが、

管理人は、ログイン時、日本円の出勤時にも二段階認証を設定しました。

不正ログインできても、二段階認証があればその先は操作できませんし。

 

【二段階認証を設定する】をクリックすると

完了しました、と表示され、

別途メールも届きます。

 

続いて、アカウントの本人情報の登録と、

銀行口座の登録のステップになります。

 

 

ビットフライヤーの本人確認情報を設定する

続いて、お取引までの流れがひょうじされるので、

取引時確認の入力を行っていきます。

ここでは本人情報や、本人確認書類を設定していきます。

 

取引時確認の入力をはじめる

 

【取引時確認の入力からはじめる】をクリックして、

取引に必要な個人情報を入力していきます。

 

入力すると確認画面が表示されます。

間違いがないか今一度確認して「登録する」ボタンを押しましょう。

【ご本人情報を登録する】をクリックし登録し、

続いて、【ご本人確認資料の提出】を行っていきます。

提出書類の提出は以下の種類があります。

管理人は「運転免許証」を選択しました。

 

管理人は、スマホで運転免許を撮って、

それをパソコンに転送して、その画像を利用しました。

ご自分の運転免許証の表面と裏面の画像を点線エリアに

ドラッグ&ドロップして【ご本人確認資料を提出する】ボタンをクリック。

 

ここまでで、一段落といきたいところですが、

もう1つ大事な入力、

取引目的等の確認画面で入力を行います。

 

「海外の重要な公人もしくはその親族ではありません」

ご自分の職業

取引の目的について

のチェックを入れていきます。

取引の目的は【投資のため】を選びました。

 

以上の手続きで「取引時確認のご入力」は完了となります。

以下のサービスについては、ビットフライヤーから

郵送される書留郵便が自宅に届いてからでないと

できませんのでご注意ください。

書留は数日待ちましょう。

管理人の場合、1日以内に書留郵便を郵送しました状態になっていました。

ホームのトップ画面の右下の方に、ステータスが表示されます。

また、届いたら追記しますね。

 

続いて、銀行口座の登録を行います。

銀行口座情報の登録を行う

日本円の入金をするために、銀行口座情報の登録を行います。

 

銀行口座名義は完全に一致しないと認証されない

と書かれているので、入力内容は正しく行いましょう。

【銀行口座情報を登録する】をクリックすると、完了画面が表示されます。

 

口座の登録がまで完了したので、続いて入金作業を行います。

ビットフライヤーへ入金作業を行う

ビットフライヤーへの入金の方法
ビットフライヤーへの入金の方法は

  • クイック入金
  • クイック入金で、銀行口座から入金
  • クイック入金で、ペイジー入金
  • クイック入金で、コンビニから入金
  • 登録した銀行口座から、ネット化ATMで手動振込して入金

などの方法があります。

クイック入金は手数料が必要ですが、

土日含む24時間365日入金可能というのが魅力。

今すぐという方はクイック入金がよいかと思います。

 

クイック入金の方法ですが【入出金】を選択すると

以下の画面が表示されます。

インターネットバンキング入金が目に入ってきます。

ご入金金額の下にあるタブで、

【銀行ATMから入金する】を選択すると以下の画面になります。

ご入金金額の下にあるタブで、

【コンビニから入金する】を選択すると以下の画面になります。

 

↑は、【クイック入金】の話ですが、

他2【日本円ご入金】というのもあり、こちらは

三井住友銀行のビットフライヤーの口座への入金になります。

 

管理人は、【日本円ご入金】で入金しました。

注意点【お客様日本円振込先】から振り込むこと。

 

管理人の場合、三井住友銀行の口座から三井住友銀行の

ビットフライヤーの口座に振込を行い、10分以内には

入金した1万円が反映されていました。

ここまでで、入金作業は一旦終了です。

 

続いて、

ビットフライヤーの販売所・取引所で仮想通貨を購入する

手順を説明しますが、こちらは別ページで説明します。

現在作成中なので少々お待ち下さい。

 

以上でビットフライヤーの口座登録から、入金作業の手順は完了です。

無料でとても簡単でした。

良く出来てるなぁって感心しました。

 

雑感

管理人はクレジットカードのウェブシステムを開発したことありますが、

こういうシステムかなりデバッグが大変だし、

裏方さんの開発者、設計者さんの苦労がみえてきました笑。

つくった人に感謝しつつ、システムを使いましょう。

 

そして・・・

自分でビットフライヤーでアカウントを作るには?

実際に、自分でビットフライヤーでアカウントを登録する場合は、

↓のボタンから登録ページにジャンプしますので、

あなた自身のアカウント開設が可能です。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

無料ですし、簡単な2ステップなので、時間もそうかかりません。

仮想通貨の投資に興味がある方はアカウント登録しちゃいましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です