ビットバンクトレードの特徴や手数料は?取扱い通貨や追証不要なメリットも

こんにちは、ブログ管理人のsuzzuです。

 

この投稿では、仮想通貨の販売所や取引所であるビットバンクトレード(bitbank Trade)について

ビットバンクトレードの特徴や手数料は?取扱い通貨や追証不要なメリットも

という内容で、ビットバンクトレードの特徴について調べました。

 

補足説明
この投稿は以下の内容を理解している前提で書かれていますので、
まだ読まれていない場合は、以下の記事もご確認ください。

仮想通貨の取引所と販売所の違いは?特徴やメリット・デメリットも調べてみた

 

ビットバンクトレードの販売所や取引所の手数料は?

ビットコインなどの仮想通貨を売買するには、

販売所や取引所を利用する必要がありますが、

本投稿ではビットバンクトレード(bitbank Trade)の特徴や手数料、

取り扱い通貨(アルトコイン)や、

追証ない場合のメリットなど調べました。

 

仮想通貨取引所のビットバンクトレードとは?

仮想通貨取引所のbitbank Trade(ビットバンクトレード)は、ザックリというと

ビットバンクトレードとは?

日本で唯一追証なしで運営できるビットコインのFX取引を日本で最初に実現した取引所

と言えると思います。

ビットバンクトレードは、取引所ビットバンクの同じ系列ですが、

ビットバンクトレードでは

ビットコインのFX取引に特化

している取引所で、追証がないというところが最大の特徴だと思います。

 

レバレッジ取引(信用取引)とは?

預けた証拠金の金額以上の取引をすることを言います。

例えば「レバレッジ2倍」で取引をした場合、
1万円の資金で2万円の取引が可能となります。

ハイリスクハイリターンな取引といわれていて、
FXのレバレッジ取引と同じようなイメージでOK。

 

ビットバンクトレードを運営しているのはビットバンクトレード株式会社で

仮想通貨のアルトコインの国内取引高が第1~2位

仮想通貨取引所であるビットバンク.ccも経営していて、

  • ビットバンクは現物取引
  • ビットバンクトレードはレバレッジ取引

切り分けて運営されています。

 

ビットバンク.ccから派生した「ビットバンクのFX取引専用の取引所」

がビットバンクトレードという理解でOKだと思います。

 

ビットバンクトレードを利用するメリットや特徴は?

ビットバンクトレードを利用するメリットを簡単に箇条書きにすると、

ビットバンクトレードを利用するメリット
  • ビットコインFXのレバレッジ最大20倍
  • 国内唯一の追証なし
  • 口座開設までの時間が最短2分で簡単に登録できる
  • 土日含めて24時間365時間運営され、メンテナンス時間がない
  • ビットコインのウォレット管理のセキュリティが業界最高レベル
  • 日をまたいでトレードしたときのスワップポイント(金利)が0円
  • 取引が活発で、管理画面が見やすい

ということで、ビットコインでFX取引したい方には魅力的です。

国内では一番良いという声も、聞こえてきます。

 

追証とは?

追証とは「おいしょう」と読みます。

信用取引では担保を差し入れて借りますが、

定められた担保(保証金)律を維持する必要があり、

担保が一定の比率を下回ると、

追加で担保(保証金)を預け入れる必要が

ありますが、ビットバンクトレードでは

この追証が0円ということで、

元本以上、損することはない

というのが特徴です。

 

レバレッジ取引だと、損失が大きい場合

損した元本だけでなく、追証の分までさらに損する

ってところが一般的ですが、

ビットバンクトレードでは追証なしです。

 

ちなみに、追証について、

維持率が20%を下回ると

強制的にロスカット(決済注文)が発動されるルール。

 

そのかわりに、利益が出たときに

手数料が取られるルールになっています。

 

ビットバンクトレードの取り扱い通貨は?

2018年6月現在のビットバンクトレードの取扱コインは、

ビットバンクトレードの取引通貨は?
  • ビットコイン

のみです。

 

取引時だけでなく入金・出金時もビットコインでしか使えません。

日本円での入出金はできませんので、

ビットコインを他の取引所から送金する必要があります。

 

ビットバンクトレードの手数料は?

ビットバンクトレードの手数料について調べました。

ビットバンクトレードの手数料の一覧はこちら。

 

ビットバンクトレードの手数料は?
  • 口座開設手数料、口座管理料は無料
  • ビットコイン入金手数料0円
  • ビットコイン出金手数料は0.001BTC(約600-800円)
  • 新規のビットコインFX取引手数料は0.01%
  • キャピタルゲインフィーは、決済時利益の0.2
  • 日をまたいでトレードしても手数料スワップポイント0円

手数料はそう高くはないと思いますが、追証なしのかわりに

キャピタルゲインフィーが存在するのが特徴

と言えると思います。

 

例えば、

10万円の利益がでたら200円の手数料ですが、

手数料としては高くはないですよね。

 

ビットバンクトレードのデメリットは?

ビットバンクトレードのデメリット

本人登録をビットバンク.ccから行わなければ行けないところ

というのが、デメリットだと言えるかも。

 

また追証がないので損失が出にくいというメリットがあるのですが、逆に

利益を上げたときに手数料が取られる

というのがデメリットと言えるかもしれません。

 

ビットバンクトレードの公式HPによると

CGF制度で追証なしを実現。株の信用取引、外国為替証拠金取引では、追証がこれまでの投資スタンダードでした。しかし、ビットコインFX(BTCFX®)のビットバンクトレードでは、お客様の勝ち分から0.2%のキャピタルゲイン手数料(CGF)を徴収することで、流動性の枯渇や不足の事態に対処し追証をなくすことに成功しました。これは、他の金融取引では見られないビットバンクトレードだけの特徴です。

とのことで、追証がないというのは魅力なのですが、勝ち分、つまり利益を上げたときに手数料をとられるというのはデメリットになるかもしれません。

ただ、コメントなど見てると、

トレードオフとしては悪くない

と考えている人も多くいるような感じです。

 

ビットバンクトレードのセキュリティは?

2018年1月にコインチェックでのネム(NEM)不正流出が話題になりましたが、

コインチェックのセキュリティ対策が甘くて、

ウォレットからNEMが流出したことが原因とされています。

 

では、ビットバンクトレードのセキュリティ対策はどうか?ですが、

ビットバンクトレードのセキュリティ対策は世界最高水準

といえる体制で対策されていると言えそう。

 

具体的には、ビットバンクトレードの公式ページで

ビットバンクトレードのコールドウォレット・マルチシグ運用体制について

という記事がまとめられています。

 

ただし、↑の記事は結構難しいので、

ビットバンクトレードのセキュリティを

ザックリと管理人が噛みくだいて箇条書きで説明すると

  • NEMはホットウォレット(オンライン状態の財布)で管理されていた
  • ビットバンクトレードはコールドウォレット(オフライン状態の財布)で管理している
  • ビットバンクトレードは、さらにマルチシグという流出リスク対策をしている

という感じ。

詳しくは、ビットバンクトレードのHPをどうぞ。

 

仮想通貨の場合、基本、事故対策は自己責任なので、

セキュリティ対策が高い取引所を利用したいですね。

 

最後に

ここまでで、

ビットバンクトレードの特徴や、追証なしのメリットについてのまとめ記事

は一旦終了です。

ビットバンクトレードはビットコインでFX取引をしたい方向けで、

セキュリティ水準も高い、という情報をお伝えしました。

ビットコインのFXに特化しているからこその追証なし

サービスもレバレッジ取引するには有り難いですね。

 

あと、今後以下の内容を追記予定です。

追記予定の内容として

追記予定は、

ビットバンクトレードのアカウント作成から口座入金までの方法
・ビットバンクトレードで実際に取引を行う方法
・ビットバンクトレードのスマホアプリ画面の解説

です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です